絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 注意事項
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

注意事項    修復をご検討のみまさまへ

修復による作品の価値変動について
修復活動が社会的に広く認知・評価されている西洋諸国において、一般的に傷んだ状態でそのまま放置されて いる絵画よりも、適切な修復のほどこされた絵画の方が価値があるとみなされています。
しかし、修復自体がまだあまり認知されていない日本では、修復のほどこされた絵画は、修復がなされていない、傷んだままの状態の絵画にくらべて価値が下がると評価されることもあるようです。
修復をほどこす事で絵画の状態が改善され、視覚的にもきれいな状態になりますが、作品を動産(商品)として他者に販売したいとお考えの場合は、修復をほどこしたことによって、万が一絵画の市場的価値が下がってしまった場合については、弊社は一切の責を負うことはできませんのでご了承ください。
修復の限界

絵画の修復というと、ボロボロになった絵を魔法のように美しく元の状態に戻すことができる、というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。しかし実際のところ、ひび割れについては修復前に比べて目立たなくすることは出来ますが、完全に分からなくすることはできません。
また、洗浄をほどこしたことによって画面全体の明るさや色合いは改善されますが、逆に、汚れで目立たなかったひび割れやしみが目立つようになってしまう場合があります。
修復作業には、上記のような限界もあるということもご了承下さい。
部分的な処置を行った場合
お見積もりや状態調査などでご提案させていただいた修復の複数の工程のうち、お客様の予算等のご希望から、部分的な処置のみをご依頼される場合ついてもお引き受けいたしますが、修復は全体的なものですので、提案させていただいた処置の一部のみを施した場合に発生した問題については弊社は責任を負うことができませんのでご了承下さい。
洗浄までで、充填補彩は行わない場合
汚れていた時には目立たなかったひび割れやシミが、洗浄によりかえって目立つ場合があります。
洗浄を行わず、充填補彩のみの場合
基本的に、保護ワニスの上から補彩を行いますので、表面のよごれが保護ワニスで閉じ込められてしまい、 将来的に洗浄を行う場合に、補彩のされた保護ワニスまで除去しなければなりません。その際は、再度補彩のやり 直しが必要になります。
本来の修復工程は、それぞれの工程を補い合う全体的なものですので、ご提案させていただいた処置を全て施されることをおすすめいたします。しかしお客様のご都合や絵の状態によっては、部分的な処置についてもご相談に応じさせて頂きますので、お気軽にお申し付けください。
運送・保管時の事故について
弊社では保険会社と契約しておりますので、万が一運搬時などの事故により絵画が破損・紛失した場合は、保険の補償額の範囲内で補償させていただきます。
ただし、ご依頼の作品が非常に高価なものである場合には、保険の補償額では補償できない場合もありますのでこの場合にはお手数ですが、お客様にて保険にご加入いただくことをおすすめいたします。
運搬について
運搬に関しましては、傷んだ絵画という性質上、作品に振動などの負担がかからないように、荷台にショック緩衝機構を搭載した社用車を用いております。コンピュータ機器などの安全な梱包・運送に実績のある(株)中川パッケージなどと提携の上、梱包・車載につきましても万全の注意を払いながら運搬にあがらせていただきます。 運搬時のトラブルにつきましては、弊社が加入している保険の補償額の範囲内で補償させていただきます。(上記項目をご参照下さい)
また、各運送業者の行っている美術運送サービスもご利用頂けますが、美術運送は一般的に非常に高額なものとなりますので、弊社による運搬をお勧めいたします。
このページのトップへ戻る
www.hollandgwabo.com