絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > ご存知ですか?
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

ご存知ですか?    絵画の傷むしくみ

なぜ絵画は傷むの?
みなさんも足を運ばれることと思いますが、現在美術館などには何十年も昔の絵画作品などが当時の色を残しつつ、私たちの目に触れて感動を与えてくれるも作品が数多くあります。
処置の必要な作品のよごれ
そのなかには、ご存知のように、何回も修復を繰り返して現在に至る作品も存在しています。 それでは、なぜどのようにして絵画は傷んでしまうのでしょうか?
絵画の傷む要因
作品への直接的な汚れ
空気中の汚れ、ホコリ、タバコの煙、害虫、カビなどが挙げられます。
しかしこのような要因はちょっとした心くばりで少しでも防ぐことが可能です。
室内の温度・湿度の変化
作品の置いてある部屋の温度、湿度の変化によって、キャンバス生地は収縮を繰り返します。
それによって、キャンバスの上に載っている絵具自体もその影響を受け、ひびが入って割れてしまいます。
また、その収縮によって木枠などのアタリができてしまうこともあります。
さらに空気の乾燥により、絵の具がひび割れを起こしたりします。
室内の温度・湿度の変化
絵画の表、もしくは裏側から力が加わる
キャンバス自体に直接力が加わると、生地の上に載っている絵具がひび割れてしまうことがあります。
また、キャンバスのかたちが変形してしまったり、もしくは破れてしまう恐れがあります。
経年劣化
せっかくの美しい絵画作品も、時間が経つにつれて少しずつ劣化は進行してしまいます。絵具のひび割れや剥落・変色や退色といった症状が進んでしまったり、キャンバス自体がもろくなることによる破れなどが起こります。
さらに長年の汚れが絵具の層にまで染み込み、洗浄しても落ちないシミになってしまったり、キャンバスの破れや木枠のアタリなどが原因で、絵具のひび割れや剥落が起こったりします。
経年劣化
天災、人災
天災による被害として、火事などによる作品自体や部分の焼失、水害による絵具やキャンバスの劣化などが挙げられます。
また、イタズラなどによる落書きやカッターによる切り傷などによる損傷もあります。
絵画の傷む原因はさまざま
このように、作品の傷んでしまう要因は、自然の時間の経過にとどまらずさまざまな例が挙げられます。 それぞれの症状が、またあらたな症状を誘発していくということも起こってしまうのです。
このページのトップへ戻る
www.hollandgwabo.com