絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 工程2:洗浄
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

工程2:洗浄   作品の表面をきれいにする

作品の表面処理〜洗浄
表面の処理
絵の劣化がひどい場合は、これ以上劣化が進行しないように絵具の剥落を接着剤で固着させたり、画面全体を水で取り除ける糊のついた不織布で一時的に固定したりします。 ブラシ等を用いて、できるだけ表面のホコリや物理的汚れを取り除き、乾式洗浄(ドライクリーニング)します。
また、基底材の補強時に表面の影響を考慮し、和紙と接着剤などで表面全体を保護します。
絵を木枠から外す
傷んだ絵はたいていキャンバスがでこぼこしているので、それ を平滑にするためにも、いったん木枠から外します。木枠の劣 化や反りなどの変形が著しい場合は、絵を支えきれないので、 木枠を修理または新調します。
木枠、キャンバスの裏側のクリーニング
木枠の奥や、キャンバスの裏側についているよごれを洗浄します。
画面の平滑化(フラットニング)
適度な水分と熱を加えた後で圧力を掛け、キャンバスを平滑にします。
凹凸がひどい場合にはホットテーブルを用います。
裏打ち、木枠への張り直し
キャンバスの劣化が著しい場合、裏側から新しいキャンバスを当てて補強し、木枠に張り直します。
張りなおすための充分な余白がキャンバスに無い場合は新たに別のキャンバスを継ぎ足します。
画面の洗浄
裏打ち終了後、表面の保護を解除し、表面のクリーニングを行います。使用される溶剤はあらかじめ耐溶剤試験に基づき決定されます。

年月の積み重ねで表面に付着したよごれや絵具の上に塗ったニスが変色し、画面の本来の 色合いをくすませている場合があります。
部分接着
ドライクリーニング
ホットテーブルによる裏打ち
キャンバスの張りなおし
溶剤によるクリーニング
クリーニング作業
www.hollandgwabo.com