絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 修復処置のながれ
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

修復処置のながれ   実際の修復作業の工程について

修復活動の工程とながれ
作品の種類や状態によりその処置方法は様々ですが、当工房で行われている一般的なキャンバスを基底材とした油彩画の修復方法をご紹介いたします。方法は以下の通りです。
状態検査〜記録と調査

記録:
修復作業にかかる前に作品の状態や写真記録をし、修復作業前のオリジナルの状態を記録します。
調査:
修復作業では、さまざまな溶剤や接着剤を使用する場合があります。
作品に影響のない仕様材料や作業方法を決定するために、前もって調査します。

修復処置
作品の状態に即した修復作業を致します。
作品の表面処理〜洗浄
充填および整形〜補彩
使用素材
修復処置において使用する材料は、後日安全に取り除けるよう、可逆性にもとづいた素材を使用します。
修復処置:
油絵やアクリル画など・・・洗浄・裏打ち・補強・保護ニス処置
版画や素描、水彩画など・・・洗浄・脱酸処置等
保存処置
修復された作品がその後おかれる環境に応じて、フレームへの処理やマット加工、保存箱を作成します。
それでは、以下の絵画作品を例に弊社の行っている修復作業をご紹介いたします
www.hollandgwabo.com