絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 導入事例
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

導入事例   和蘭画房の実績

これまで弊社が請け負わせていただいた修復活動の事例
美術館
姫路市立美術館 様
「アッシジの聖フランチェスコ」 レオンフレデリック作(2003年1月着工)
三連祭壇画(3枚で一組の作品)1140o×416o2枚、1140o×998o1枚
作業は姫路市美術館に修復器材一式を持参し、現地に滞在して行いました。
処置:
・作品の絵具層の亀裂や浮き上がりを抑える ・キャンバスの凹凸を平滑化
・画面の洗浄 ・絵具剥落部に充填後補彩
奈良県立美術館 様
「清水秋景図(山径晩輝)」(1893年(明治26年) 久米桂一郎作 (2006年2月着工)
1895年 第4回内国勧業博覧会展 妙技二等賞受賞)の修復を行わせていただきました。
処置:
・絵具の不安定な箇所の接着 ・木枠の補強 ・裏打 ・洗浄 ・充填、補彩
また、現在は奈良県出身の画家である岡本六ニの作品(裸婦像)の修復を行わせて頂いています。
その他施設・研究所
京都大学人文科学研究所 様
須田刻太作品(2004年着工)
ギャラリー
星野画廊様がなさっておられる、これまで美術史の中で埋もれていた名画を紹介されるというお仕事は、修復にあい通じる所も多く、これまでに、黒田重太郎、藤田龍児、森田恒友、兼子木孟郎といった作家の油彩画の修復をご依頼していただいております。
個人
林 様
2005年9月、林英治の絵の修復をご依頼いただきました。修復結果にご満足頂いたようで、元々ご自宅にあった絵をオフィスの方に飾って頂いております。
今後の予定
和歌山大学経済学部 様
弊社は技術指導と材料の提供を行い、修復作業については油絵科の教授と学生が共同して行うという形のプロジェクトです。所蔵の作品がかなり大きく、また劣化も激しいため運び出して修復することが困難なため、数回に分けて現地へ赴き、要所要所で各工程のデモンストレーションをしながら技術指導し、同時に必要な材料を提供する予定です。
奈良県立美術館 様
当地出身の画家である岡本六二の作品の一つを修復します。
絵と同様に傷んでいる専用の額の処置については、他の額縁業者が担当します。
取り扱った作品作家名

・サルバドル・ダリ
・シャガール
・COGO
・Baian
・K・平賀
・KI NAGAO
・K児玉
・M. 平山
・M.Murase
・Mabe
・M-寺内
・S.霜鳥
・T.Yoshida
・オクセ
・郭
・鹿子木孟郎
・熊谷守一
・里美敬
・西村宣造
・ピエール・アレシンスキー
・ピンクス・クレメン
・ブラマンク
・ベル串田
・マチス
・レオン・フレデリック
・安藤義茂
・伊藤T
・宇和川通諭
・河野美香雄
・間部時雄
・岸田劉生
・吉井淳二
・吉岡正人
・吉田博
・久米桂一郎
・熊岡美彦
・桑重儀一
・桂ユキ
・兼子木孟郎
・原宗浩
・古吉弘
・古沢岩美
・五姓田義松
・五味栄四郎
・広瀬勝平
・香月泰男
・黒田重太郎
・坂井淑恵
・桜井忠剛
・三岸節子
・山下小夜

(順不同)