絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 和蘭画房と社会事業
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
■サイドメニュー
■プロジェクト■
和蘭画房と社会事業
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

和蘭画房と社会事業   修復活動を通じての社会での役割

修復という仕事を通して
弊社は修復という仕事を通じて、教育活動や政府開発資金(ODA)など文化財保存・保護活動を実施しております。
大学での講義

大学側からお話を頂いた際には、各テーマに沿って特別講義を行っております。美術、絵画業界の更なる活性化のためには、若い人達へ絵画の基本的な知識を普及することが必要と考えています。

-過去の大学での講義活動-

・京都造形芸術大学での講義:
京都造形芸術大学の美術工芸学科において、 「美術工芸学科特講材料学」という科目で、絵具・基底材・修復についての講義を行いました。
・大阪芸術大学での講義:
大阪芸術大学にて、画材全般について講義を担当致しました。

大学での講義
政府開発資金(ODA)への取り組み
おもに修復器材の販売業務を行っていました際、技術無償援助の一環として、文化財修復のための器材を以下の機関へ納品させていただきました。

・吉備国際大学「文化財総合研究センター」
・リトアニア共和国
・チリ共和国
・ペルー共和国
文化財保存修復学会(古文化財科学研究会)
1991年、文化財保存修復学会の発表会において、 修復器材のホットテーブルの使用方法・説明、独自の充填材について発表させていただきました。
www.hollandgwabo.com