絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 専門技術
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

専門技術   修復活動における専門技術

専門技術の解析
近年の飛躍的な科学技術の進歩にともない、修復の分野においても古来からの伝統的な技法をもとに、さまざまな技術が発達し、 文化財・資料の保存に幅広く貢献してきました。ここでは、今日の修復作業においては不可欠であり、また一般的にはあまり知られていない専門技術による修復部分の調査方法を、いくつかご紹介致します。
紫外線による調査
紫外線の吸収・反射率が物質によって異なるといった作用を利用して、絵具・ニスの材質やそれらの塗られている層の厚さ、 経年による材質の変化などといった、通常の可視光線(普段目にする光) のもとでは確認できない補彩や塗り重ねといった過去の修復痕、ニスのムラなどが発見できます。
紫外線照射ライトによる調査
紫外線照射ライトによる調査
紫外線照射ライト
紫外線照射ライト
赤外線による調査
赤外線には個体の中に入り込んだり、貫通することができるという特性があるため、条件を整えると絵の彩色層 を貫通して、絵の表面には表われなかった下書きが見えたり、劣化・変色したニス層を貫通して、その下の絵 を確認できたりします。
赤外線カメラ
赤外線カメラ
赤外線カメラによる調査
赤外線カメラによる調査
斜光調査
他の照明は使わずに絵の側面からのみ光を当てて絵を調査する方法です。
これによって、通常の照明では分からなかった、キャンバスや絵具の塗りの凹凸の様子が強調され、絵の劣化、損傷の状況をより的確に把握することが出来ます。
www.hollandgwabo.com