絵画修復・保存工房 和蘭画房株式会社
restoration
access
case
condition check
service
service
mail
home > 和蘭画房のコンセプト
著作権について
免責事項
プライバシーポリシー
サイトマップ
ご相談
会社概要
このサイトについて
リンク
∇はじめての方へ
∇ライフスタイル-アートと暮らす
∇和蘭画房Q&A
∇お宅の絵は大丈夫?劣化防止対策
∇ご存知ですか?絵の傷むしくみ
∇修復プラン例
∇注意事項
∇お取引先一覧
メールでのお問い合わせはコチラ
絵画修復工房 株式会社 和蘭画房
Conservation Studio of Fine Arts
本社所在地: 〒621-0007 
亀岡市河原林町河原尻東垣内61−1
電話番号: 0771-56-8144
FAX番号: 0771-56-8143
 

和蘭画房の仕事   和蘭画房が担う業務

和蘭画房の保存・修復におけるコンセプト
今日、絵画作品の修復処置とは、保存対策の一環としてオリジナル性の尊重が重視されております。しかし、どんなに修復技術が発達したとしても何らかの処置を施すことにより、絵画作品のオリジナル性は失われていきます。
その意味で、修復処置はできるだけしないにこしたことはありません。しかし、いまにも絵の具が剥落しかかっているような絵をご覧になったときは、修復処置はやむを得ないと判断されるでしょう。
できるかぎり保存状態を最良に保ち、作品の劣化のスピードを遅らせ、オリジナルの状態をたもつこと。そして、修復処置を最小限度の範囲に抑えること。
和蘭画房の保存・修復におけるコンセプト
こうしたコンセプトのもとに、和蘭画房ではすべての業務をおこなっております。
和蘭画房コンセプト その1
お客様の様々なご要望にあった保存計画を立てたあとで修復を行います
当webサイトのフォームやお電話、もしくはメールなどで作品についてお伺い致します。
作品の損傷箇所の画像データなどもございましたら、ご一緒にご用意下さい。
和蘭画房コンセプト その2
オープンリソースという姿勢
使用材料についてのご質問は、みなさまにご納得いただくまでご対応させていただきます。
保存・修復に使用する材料には、はっきりとした役割があります。また完全なる保存・修復処置 というのはありえないのも事実です。
メリット・デメリットを含め、あらゆる点をご理解いただいた後、修復へとすすめてまいります。
和蘭画房コンセプト その3
可逆性のある材料を使用します
和蘭画房の修復処置で使用される材料はすべて、原料の成分が絵画に負担がかからず将来の再修理 などに備えて除去できるといった可逆性をみたす材料のみ使用しております。
どのような材料を使い、どのように除去できるものなのかといった内容については報告書にてご説明させていただきます。
www.hollandgwabo.com